採用や労務など人事の仕事内容、大企業とベンチャーでどう違う?

新入社員の採用を担当したり、社内の人員配置替えなども行う人事部門。
人事部門の仕事内容は、大企業とベンチャーで大きく異なります。
さらに、小規模の会社の場合は、人事担当がいない場合も。
大企業とベンチャーでは、人事担当者の業務範囲についてどのような違いがあるのでしょうか?
今回はそのあたりを探ってみます。

大企業の場合:人材を活性化させる

大企業において人事が為すべきことは、人材を活性化させイノベーティブな企業にしていくこと。そのためには、新卒や中途採用など人材獲得に力を入れたり、社員にとって働きやすい環境にすることが必要です。そんな大企業の人事担当者の、主な仕事内容をご紹介しましょう。

▼ 新卒・中途採用の担当

社内で採用計画を立て、人材を獲得すべく動きます。ハローワークに求人募集を出したり、広告費を支払って求人サイトなどにも掲載。また、近年ではSNSを使ったりとその手法はさまざまです。

▼ 社員の教育や研修

社員のスキルアップのための研修を取り仕切ります。新入社員のための社会人マナー研修をはじめ、さまざまな教育・研修を企画立案し、実現させます。

そのほか、人事考課を取り仕切ったり、社会保険や勤怠管理など労務関連に携わるなどの業務があります。

ベンチャーの場合:人事業務のほかに広報やバックオフィス業務を兼ねることも



ベンチャー企業は、大企業よりも人数が少なく、少数精鋭で会社を回していかなければならないことがほとんど。ですので、人事の業務も、大企業の人事業務よりも幅広く担当しなければならないことが多いようです。採用、労務、評価など多岐に渡る業務のなかでも、プライオリティの高いものから順次着手するというのが現状ではないでしょうか。また、このほかにも、広報やバックオフィス関連の業務を兼任する企業もあるようです。

担当する上で、さらに担当する可能性の高い業務をご紹介します。

▼広報PR
プレスリリースを作成・発行したり、自社サイトやSNSを運用したり、取材の対応など、会社や新製品・サービスの紹介を行うこともあるようです。

▼ 総務の業務

総務は社内の備品管理や、社内行事の企画運営、また防災防犯対策、来客担当など、会社全体にかかわる仕事。ベンチャーでは、人事担当者が総務も担当していることが多いようです。

▼ 経理の業務
会社の入出金や社員の給与、また収支バランスを管理するなど、会社運営を資金面で円滑に進めるべく活動する経理。立ち上がり間もないベンチャーでは社長が経理を担当していることもありますが、人事が担う場合もあります。


持っておくとキャリアアップできる資格とは?
人事担当を目指すにあたり、どのような資格を持っていると良いのでしょうか。いくつかご紹介します。

▼ 衛生管理者

衛生管理者とは労働安全衛生法にて定められた、企業の衛生管理と疫病の予防処置を担当する国家資格。第一種と第二種があり、第二種は、有害業務と関連性の少ない情報通信業や金融などの企業において衛生管理者となれ、第一種は、すべての業種にて衛生管理者になれる資格です。公益財団法人 安全衛生技術試験協会による『資格の紹介』によると「常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要です」とされています。社内において衛生管理者は、人事や総務の社員が兼任することが一般的なようです。

▼ 社会保険労務士

社会保険労務士法に基づく資格。社会保険の申請書や帳簿書類の作成、申請書などの提出代行、新生党についての事務代理などがその業務内容。労務にも携わる人事は、取得しておきたい資格だといえます。



大企業はたくさんの部署があるので、その中の人事部門として、社員のモチベーションアップをはじめ、人材によって企業活動を円滑にすることを集中的に担当できます。一方、社員数の少ないベンチャーでは、それ以外にもさまざまな業務を担当することが多く、大変ではありますが組織を運営している手応えをしっかり感じられるでしょう。


引用元:PARAFT

採用調査をお考えの人事の方、信頼できる調査会社はここ

この記事へのコメント