面接官はどこを見ているのか|就活生が知っておくと役に立つチェックポイント4つを徹底解説

面接官はどこを見ているのか?

面接官がどこを見ているのか、気になる就活生は多いです。
少しでもチェックポイントがわかれば、その点に注意しながら適切な対応が取れるようになるため、詳しく知りたい所でしょう。
面接官は就活生を評価する際、外面と内面双方をチェックしています。具体的にどこを見ているのか、チェックポイントを確かめましょう。
面接官はどこを見ているのか:

外面編
ポイント①:身だしなみ

面接官はどこを見ているのか、始めに外面から紹介します。まず、基本中の基本ともいえるのは「身だしなみ」です。
スーツの着こなしや清潔感があるかなど、外見によって第一印象がほぼ決まるといってもいいでしょう。
面接官によっては、服装や髪型以外にもバッグの持ち方や靴の状態など、就活生の皆さんが「そこまで確認するのか」と思ってしまうような部分も評価の対象にしていることがあるので、注意しなければなりません。

ポイント②:表情


「表情」も面接官がチェックするポイントの1つです。常に自信を持ち、やる気に満ちた表情をしていれば好評価となりやすいでしょう。反対に、おどおどしていたり、暗そうな表情を見せていたりすると、「頼りない」と面接官に思われてしまいます。ただし、緊張で顔がこわばる程度なら問題ありません。面接官は、就活生の緊張も見越したうえで評価をするからです。
しかし、いくら緊張していても目線はなるべく面接官に向けましょう。目線を別の方向にずらしたり、うわの空だったり状態だと「人の話を聞かない」「意欲関心度が低い」などと評価されかねません。

ポイント③:言葉遣い

面接官は「言葉遣い」もしっかりチェックしています。面接官に対して「~なんだけど」や「~だった」など、ため口で話すような就活生は当然ながらマイナス評価でしょう。面接までの数ヶ月で会話マナーをすべて完璧にマスターしたうえで、丁寧な言葉遣いをするのは厳しいものがあります。面接官はその点についても十分理解していますので、「口が滑ってつい言葉遣いを間違えた」といった程度なら、特に問題はありません。

面接官はどこを見ているのか:内面編
ポイント①:整合性

面接官はどこを見ているのか、続いては内面に関する視点です。まず挙げられるのが「整合性」です。志望動機や将来のキャリアプランなどに対する回答が、ESや履歴書の中身とずれていないかを確かめられます。十分な準備をせず、その場しのぎの回答をしてしまうと、面接官に「一貫性がない」と判断されてしまうでしょう。
ポイント②:自主性

仕事では自分で考えて行動することが求められるため、「自主性があるか」も評価のポイントとして覚えておきましょう。
マニュアル本を暗記したような回答をしてしまうと、面接官から「自分の意見を持たない」と判断されてしまうかもしれません。
マニュアル本を参考にするのは構成の方法など最小限にとどめ、肝心の中身は自分の意思がはっきり伝わる内容にすることが求められます。

ポイント③:コミュニケーションスキル

面接官は質問内容と回答の中身から「コミュニケーションスキルがあるか」を判断しています。例えば、質問に対してそっけなく答えたり、ダラダラ答えたりするなど、回答の長さをうまく調整できないと、面接官から「円滑なコミュニケーションが取れない可能性がある」と思われる可能性があるのです。簡単な回答で済むものには少し補足を入れたり、しっかり伝える必要がある部分は先に結論から述べたりするなど、工夫を凝らしましょう。

面接官はどこを見ているのか知って具体的な対策を立てよう


いかがでしたか。
ここまで、面接官はどこを見ているのか、チェックポイントを確かめてきました。面接官は就活生の「外面」と「内面」双方をチェックしています。
具体的には、外面では「身だしなみ」「表情」「言葉遣い」、内面だと「整合性」「自主性」「コミュニケーションスキル」です。企業や面接官によっては他にもいくつか評価のポイントはありますが、この6項目を押さえておけば、面接でしっかり対応できるでしょう。


引用元:キャリアパーク就活

マニュアル丸暗記は人事も見たらわかります。採用時の採用調査は信頼できるここの会社!

この記事へのコメント