グループ面接と個別面接の2つの違い

就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団面接」と「個別面接」の2種類があり、どちらもそれぞれの特性に合った対策が必要になります。

「面接だから同じ」と言った感覚で対策をせず本番に挑むと、失敗してしまうことになりますので、それぞれの面接対策をしっかりと行いましょう。面接のチャンスは一度きり。後で後悔しても取り戻しはできません。

今回ご説明する集団面接と個別面接の違いをしっかり理解して、面接に臨むようにしてくださいね。それでは下記にこれらの違いについてご紹介します。
就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団面接」と「個別面接」の2種類があり、どちらもそれぞれの特性に合った対策が必要になります。

「面接だから同じ」と言った感覚で対策をせず本番に挑むと、失敗してしまうことになりますので、それぞれの面接対策をしっかりと行いましょう。面接のチャンスは一度きり。後で後悔しても取り戻しはできません。

今回ご説明する集団面接と個別面接の違いをしっかり理解して、面接に臨むようにしてくださいね。それでは下記にこれらの違いについてご紹介します。


面接をする人数が異なっている


集団面接と個別面接では、言葉の通り人数が異なってきます。個別の場合は1対1で、集団の場合は複数人で行われます。
この人数の違いによって面接時は、他の人がいるかいないかで緊張度が増したり、焦る気持ちがでたりするので一番の相違点といえます。

集団面接において他の学生が一緒の場合、周りの人の意見をきちんと聞いておく必要があります。
企業によっては、突然「隣の人の意見をどう思いますか?」と聞かれることがあります。

緊張してしまい、自分だけに集中して他の人の意見を聞いていなと質問をされても答えることができなくなります。
ですので、自分が発表するとき以外は他の学生の話はきちんと聞いておきましょう。

更に、集団面接の場合、自分の意見が他の学生と被ってしまうことがあります。
この場合、面接官の記憶に残りやすい具体的な数値を取り入れることが重要になります。
具体例を入れることによって、周りの人に差をつけることができるので、より印象に残りやすくなります。
アルバイトやサークルの話をする際にも、売上の数字やサークルの規模を具体的に数字化することで、凄さを面接官に伝えることができます。

面接で割り当てられる時間が違ってくる

集団面接と個人面接では、自分が面接をする割り当て時間が異なってきます。
個人面接の場合は、一人ですので盛り上がれば1時間ほど時間を取ってもらうことができます。
そのため、もし自分の意見がまとまり切れない場合でもじっくり話せるのでまだ安心できますが、集団の場合はそういうわけにはいきません。

一人当たりの時間が決まっているので、意見をいかに簡潔にまとめ伝えることができるかがポイントになります。
集団面接では、面接官からの一つの質問に対して一人に与えられる時間が1分程度と非常に短いです。

長々と話しをすることもできますが、こうした対応をしてしまうと協調性が欠けていると判断されてしまいます。
決められた時間の中で、いかに意見をまとめて伝えることができるかを練習しましょう。

集団面接では、周囲に学生がいるため、「周りの人の方が優れている」「自分よりも能力が高い」と感じてしまうことがあります。
ですが、あまりにも周りを気にしすぎてしまうと緊張してしまい、自分をアピールすることができなくなります。
面接の練習をする時は、自分をしっかり見つめ簡潔にまとめられるように練習をしましょう。
あなたが緊張しているほど、面接官は気にしていません。緊張したり劣等感を感じると、声が小さくなったり、思うように話せなくなるので気をつけてくださいね。

個別面接と集団面接は同じではない

個別と集団面接を一緒の感覚で行ってしまうと、いざ面接になったとき失敗する恐れがあります。
下記の点に注意しながら面接対策をしていきましょう。

個別面接の場合は、過去に出題された質問の回答を考える必要があります。
一人ですので、面接の時間が非常に長くなります。
様々なジャンルの質問が飛んで来ますので、質問慣れをしておきましょう。
集団面接の場合は時間が限られているので、瞬時にまとめ上げられるような能力を身に付ける必要があります。
そして、他の人に少しでも差をつける為にも、自己PRを丁寧に考えるようにしましょう。

一般的でありきたりなPR方法では周りの人と内容が被ってしまう恐れがあります。
これでは面接官の印象に残りにくくなってしまいます。

それに、長々と話しをしてもいけないので限られた時間内で要点をしっかりまとめ、アピールできるように、対策をしておきましょう。
集団面接では、質問数も少ないので事前にピックアップし練習するとよいでしょう。


引用:アンドプラス


採用時の調査は信用できる調査会社へ

この記事へのコメント